スマホケースの種類ごとのメリット・デメリット

スマホケースの種類ごとのメリット・デメリット

スマホケースに入れておかなかった為にスマホを壊した経験がある人は多いと思います。高価な商品ですし、今や生活に欠かせないものですのでスマホケースもスマホ代の一部と考えた方がよいかもしれません。スマホケースには種類が豊富にあります。使用されている方の中には用途別にいくつものケースを持ち使い分けていらっしゃるかもしれません。1つのケースを長く使用していると、傷も出てきますが複数のケースで使い分ける事で気にならなくなるでしょう。ですが、スマホの機種変更をしてしまうと、大きさやカメラの位置が変りますのでスマホケースも買い替えなければならなくなってしまいます。あまり沢山購入してしまうと返って無駄になってしまうかもしれませんので、機種変更する場合も既存ケースが使用可・不可を確認しましょう。使用不可の場合はコストパフォーマンスが良いスマホケースを探しましょう。

自分のスマホに合ったスマホケースを探しましょう

何故スマホケースを購入するのでしょうか。他の人より目立たせたい、傷を防止したい、操作をし易くしたい、落とした時の衝撃から保護したい、などの色々な理由があってスマホケースを購入されることでしょう。折角スマホケースを購入するのですから、デザイン面や機能面、安全性を兼ね備えた物を選びましょう。価格も100円ショップで販売しているものから10万円を超えるものもあります。スマホケースの素材もシリコン素材・プラスチック素材・TPU素材・本革素材・合成皮革・アルミ素材などがあります。材質によってメリットやデメリットもありますので、実際に販売店等へ出向き商品をじっくり検討したり、インターネットサイトで豊富にある中から機能的でデザインやコストパフォーマンスの良いスマホケースを探すのも良いでしょう。

スマホケースの種類毎のメリットやデメリットをご紹介します

スマホケースの素材を数点ご紹介いたします。シリコン素材は、落下時の衝撃を吸収してくれますが、ゴム素材より柔らかいので劣化は早く、ゴミや埃が吸着しやすいというデメリットがあります。プラスチック素材は強度がありますが、素材自体が固いので落下時、スマホケースが割れる場合があります。TPU素材はシリコン素材に近いイメージです。弾力性があるので、衝撃には強いですが薬品や熱には弱いそうです。日光に当たりすぎると変色します。その他に手帳型によく使われている本革素材は、衝撃に強く高級感もありますが、水に弱く価格が高くなります。合成皮革も衝撃に強いです。汚れても水で拭けますが高級感はありません。アルミ樹脂のスマホケースは最も高い耐衝撃性がありますが重量は重く、高価なものになります。どのタイプも長所や短所があります。コストパファーマンスを考慮して目的別にスマホケースを使い分ける事も選択肢の1つだと思います。