物件選びのコツ
2017.05.23

かわいい家●物件選びのコツ
アパート投資を行う上で重要なものの1つは物件選びです。
正直、これを失敗するともう目も当てられません。
目先の利益で動かないように検討していきましょう。

◆目標を立てましょう。
賃貸の稼働率や維持費、修繕費がどのくらいかかるのかというシミュレーションや、どの段階で大規模な修繕がくるのかの予測、想定されるメリットとデメリットは細かく計画しておきましょう。あとはどの段階でローンを完済させるのかも大切ですね。
いずれ何棟も投資用のアパートを買いたいという事であればそのような計画も入れ込んで考えなければいけません。
もちろん節税も必要です。
また何歳でアパート経営を始めたとしても相続の事に関しても視野に入れておく必要があるでしょう。

◆物件選び①エリアで見てみよう
空室は避けたい!という事で人気なエリアを選びがちですが、人気ということはそれだけ同じような物件同士の戦いが激しいという事。
その分、競争しなければならず、結果的に家賃を下げたり、投資しなくてもいいのに何か付加価値(例えば電化製品付など)を付けたりと無駄な出費が嵩む事もあります。
かと言って、閑散としていて空室が続くのも良くありません。
自分ならどんなところに住みたいか、住んだとして何が一番必要なのかを考えて購入しましょう。
人気だから、投資費用が安いからという理由で投資用のアパートを選ぶのはご法度ですよ。

◆物件選び②周辺環境のチェックしよう
交通の便はもちろんのこと、スーパーなどの利便性も重要でしょう。
立地も基本的には駅から徒歩で10分以内がベストですね。
駅に関しても特急までは停まらないにしても急行は停まってほしいです。
あとはワンルームかファミリーなどどの種類の物件を投資するかによっても変わってきますので注意が必要でしょう。
ファミリー向けの場合は近くに公園など軽く遊べる施設があるところは好まれる傾向にありますね。

◆物件選び③セキュリティーと安全性
誰が住むにしても安全性を確保できるのはありがたいです。
特に女性が一緒に住むような環境であれば、その家に帰るまでの間の安全性や帰宅してからのセキュリティも非常に重要な要素となります。
一例ではありますが、以前どこかのオーナーさんは女性の一人暮らしを応援すると言い出してバルコニーの窓ガラスを防犯用の割れないガラスに替えてあげるという事をしていました。
女子大の近くという事もあり女性の入居者が多かったからです。
結果、毎年女子大生で満室御礼でした。
このような観点からもセキュリティーと安全性は重視すべき項目の1つと言えるでしょう。
このようにしっかりと考えて物件選びをすることで損のないアパート経営をしていきましょう。

▲ ページトップへ